シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 2車線道路における簡易中央分離施設の設置効果について

作成年度 1997年度
論文名 2車線道路における簡易中央分離施設の設置効果について
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会第52回年次学術講演会
誌名(No./号数)
発表年月日 1997/09/10 ~ 1997/09/12
所属研究室/機関名 著者名(英名)
交通研究室傳 章則(TSUTAE Akinori)
交通研究室高木 秀貴(TAKAGI Hideki)
交通研究室林 華奈子(HAYASHI Kanako)
抄録
北海道の一般国道で発生する交通事故を事故類型別に分類すると、2車線道路の正面衝突事故による死者数が全体に対して圧倒的に多く、その致死率も非常に高いものとなっている。道路管理者は死者数の低減に結びつく安全対策の一つとして、道路の要注意箇所に車両の対向車線への逸走を物理的に防止し、かつドライバーの慎重運転を心理的に促すための2車線道路への中央分離施設の設置を行ってきている。[*]本論文は、2車線道路において主に正面衝突事故を防止することを目的に施工した中央分離施設の交通安全施設としての設置効果を確認し、設置区間を走行する車両の走行挙動を分析した結果について論じている。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.