シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 自発光式路面表示装置の評価に関する研究

作成年度 1997年度
論文名 自発光式路面表示装置の評価に関する研究
論文名(和訳)
論文副題 積雪寒冷地型の開発に向けて
発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1998/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
交通研究室高木 秀貴(TAKAGI Hideki)
交通研究室吾田 洋一(AZUTA Youichi)
抄録
北海道の幹線道路における交通事故の特徴の一つとして、郊外部におけるカーブ区間での致死率が非常に高いということがあげられる。このような事故の交通安全対策として、高視認性区画線やチャッターバーなどの路面表示装置が有効であると考えられるが、積雪寒冷地域では除雪作業の切り刃による強烈な衝撃によりこれらの装置は簡単に破壊されてしまうため、広く利用するには問題がある。そこで、除雪作業にも耐えられる冬期間でも使用可能な自発光式路面表示装置の開発のための基礎調査を行った。調査は全国の自発光式路面表示装置を調査すると共に、その中からいくつかをピックアップし視認性調査を行った。その結果、自発光式路面表示装置に求められる光の性質に対して、光量よりも配光分布が非常に重要であること、また適正な設置間隔や点滅間隔等についていくかの知見が得られた。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.