シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 冬期道路における多重衝突事故の要因とその潜在性について

作成年度 1997年度
論文名 冬期道路における多重衝突事故の要因とその潜在性について
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1998/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
防災雪氷研究室福澤 義文(FUKUZAWA Yoshifumi)
防災雪氷研究室金子 学(KANEKO Manabu)
防災雪氷研究室加治屋 安彦(KAJIYA Yasuhiko)
抄録
積雪寒冷地における多重事故要因の分析と、その潜在性の把握を目的に冬期道路の利用者ニーズ調査を行った。吹雪などによる視程障害時の多重衝突事故はスリップ等を原因とする事故に比べて少ないものの大型車が関係する事故によって誘発されることが多い事故誘発形態では追突事故の占める割合が多く、ほとんどが駐車停車中の車に対するものであった。また、多くのドライバーが視程障害時には交通事故の危険を感じておりその場面として、郊外の一般道路での経験が過半数を超え、その内の約半数が周囲の平坦な直線道路で経験している。これらの結果は多重衝突の発生状況や要因分析結果とよく一致しており、実際に事故となったケースは日常的な交通状況において、わずかな交通の乱れによって事故が発生したものと考えられる。さらに、視程障害時は危険を感じながらもそのまま走行したと答えたドライバーが多く、多重衝突事故の危険性が極めて高い状態にあることなどが明らかになった。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.