シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 土の凍上試験と凍上を考慮したグランドアンカーの設計

作成年度 1997年度
論文名 土の凍上試験と凍上を考慮したグランドアンカーの設計
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1998/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
土質基礎研究室金田 尚(KANETA Hisashi)
土質基礎研究室西川 純一(NISHIKAWA Jun’ichi)
小樽開発建設部多田 秀一(TADA Syuichi)
抄録
アンカーを施工した地盤に凍上が発生すると、アンカー引っ張り部緊張力が増大する。最悪の場合、凍上力がアンカー各部の許容力を超え、アンカーは破壊されてしまう。このような被害を無くすことを目標に、凍上を考慮したアンカーの設計を行うため基礎資料として、室内での凍上実験を実施した。実験では異なる性質の土3試料について土質による、凍上量、凍上力の違いを確認し、さらに、凍上を許容することによって凍上力が抑制されることを確認した。次いで、凍上しやすい試料を用いて、温度、供試体高さ、給水の条件を変えた時の、凍上量凍上力を求める実験を行い、これらの条件と凍上量、凍上力の関係を明らかにし、「外気温が低いと凍上量は小さく、凍上力は大きくなる傾向がある」、「供試体の高さが小さい、すなわち地下水位が高いと、凍上量、凍上力とも大きくなる」、「水の供給を遮断すると凍上量は小さくなる」の3点に整理できた。また、現場試験アンカーと室内試験結果の関係を検討した結果、現場における凍上力は、実験値の1割程度であった。アンカー施工現場において、土の凍上試験などから凍上性が高いと考えられる場合、凍上実験で計測される最大凍上力の1割程度の凍上力を設計アンカー力に加算することが、当面、妥当と考えられた。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.