シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 アラミド繊維を緊張材に用いた外ケーブル工法による既設橋梁の補強について

作成年度 1997年度
論文名 アラミド繊維を緊張材に用いた外ケーブル工法による既設橋梁の補強について
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1998/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
材料研究室熊谷 守晃(KUMAGAI Moriaki)
材料研究室高尾 智満(TAKAO Tomomitsu)
材料研究室嶋田 久俊(SHIMADA Hisatoshi)
抄録
平成5年の道路構造令の改正による車両の総重量の一般制限値の緩和や、塩害を受けた橋梁の内部鋼材の腐食に伴い、耐荷力や耐久性の十分でない既設橋梁の補修・補強の必要が生じている。また、近年、コンクリート構造物に用いる鉄筋やPC鋼材の代替として、連続繊維に関する研究が盛んに行われている。そこで橋梁の補強工法の一つとして外ケーブル工法を提案し、補強効果の確認を行うとともに、環境湿度及び導入緊張力がリラクセーション率に及ぼす影響について検討を行った。また、実橋による試験施工を行った。その結果、外ケーブルにより既設橋梁の補強が可能であること、導入緊張力の小さい方が、アラミド繊維のリラクセーション率は大きくなる等いくつかの知見が得られた。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.