シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 札幌圏における降雪・凍結予測情報を活用した冬期道路管理手法に関する調査

作成年度 1997年度
論文名 札幌圏における降雪・凍結予測情報を活用した冬期道路管理手法に関する調査
論文名(和訳)
論文副題
発表会 雪と道路の研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1998/01/30
所属研究室/機関名 著者名(英名)
防災雪氷研究室加治屋 安彦(KAJIYA Yasuhiko)
札幌開発建設部児玉 浩文(KODAMA Hirofumi)
防災雪氷研究室松澤 勝(MATSUZAWA Masaru)
抄録
World Wide Web(WWW)サーバーと、操作性にすぐれたブラウザ・ソフトの登場により、インターネットが爆発的に普及した。またこれに合わせて現実社会でも電子メールの利用が急速に一般化しつつある。阪神大震災など大規模な災害時には、機関を超えた情報の共有にインターネットが大きな役割を果たしたとの報告も数多くなされている。[*]開発土木研究所が提唱する「ホワイトネット構想」は、インターネット技術をべ一スに、WWWサーバーの形式で降雪や路面凍結などの気象情報、ITV画像や除雪などの作業情報を関係者に提供するもので、特別な機器やソフトウェアを要することなく、簡単に情報へのアクセスが行えるものである。[*]ホワイトネット構想の実現化の第一段階として、各道路管理者の連携を深め、より効率的に道路情報共有化に関する議論と検討を行うため、「札幌圏道路情報高度活用連絡会議」が設けられた。「札幌圏道路情報高度活用連絡会議」では、社会実験として「97/98札幌圏道路情報共有実験」を行っている。これは、モデル路線を対象に、北海道開発局、日本道路公団、札幌市の管理する道路の情報をインターネット上で共有するもので、この実験を通じて、道路情報共有化に関する課題や問題点とその解決方法、および必要な情報などを明らかにして、今後の運用へ向けた検討を行うものである。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.