シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 道路防雪林の防雪機能について-模型防雪林を用いた野外実験による検討-

作成年度 1998年度
論文名 道路防雪林の防雪機能について-模型防雪林を用いた野外実験による検討-
論文名(和訳)
論文副題
発表会 日本雪氷学会全国大会
誌名(No./号数)
発表年月日 1998/10/11 ~ 1998/10/15
所属研究室/機関名 著者名(英名)
(社)北海道開発技術センター金田 安弘(KANEDA Yasuhiro)
(財)日本気象協会北海道本部竹内 政夫(TAKEUCHI Masao)
防災雪氷研究室福澤 義文(FUKUZAWA Yoshifumi)
防災雪氷研究室加治屋 安彦(KAJIYA Yasuhiko)
(財)日本気象協会北海道本部川上 俊一(KAWAKAMI Toshikazu)
抄録
道路防雪林の最適な配置計画を検討するために必要な資料を得る目的で、防雪林の野外実験により防雪機能に関する調査を行った。[*]実験では、3種類の模型防雪林と2種類の模型防雪柵で平衡状態の吹きだまり形状を比較した。防雲柵では柵に近い場所に鋭角な形状をもつ吹きだまり雪丘が形成されているのに対して、防雪林では風下側に広い範囲に緩やかな形状をもつ吹きだまり雪丘が形成されていて、その違いが明瞭に現れた。また、吹きだめ効果では、風上では吹きだめ柵、3条植防雪林では吹きだめ効果が大きいことなどが明らかになった。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.