シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 吹雪における多重衝突事故の発生要因とその対策について(第3報)

作成年度 1998年度
論文名 吹雪における多重衝突事故の発生要因とその対策について(第3報)
論文名(和訳)
論文副題 安全走行支援システムの開発に向けて
発表会 第14回寒地技術シンポジウム
誌名(No./号数)
発表年月日 1998/12/02 ~ 1998/12/04
所属研究室/機関名 著者名(英名)
(財)日本気象協会北海道本部竹内 政夫(TAKEUCHI Masao)
防災雪氷研究室福澤 義文(FUKUZAWA Yoshifumi)
防災雪氷研究室金子 学(KANEKO Manabu)
防災雪氷研究室加治屋 安彦(KAJIYA Yasuhiko)
(社)北海道開発技術センター金田 安弘(KANEDA Yasuhiro)
(財)日本気象協会北海道本部丹治 和博(TANJI Kazuhiro)
抄録
北海道では、冬期に降雪や吹雪に伴う視程障害による交通事故が多い。特に、最近では高速道路や郊外の一般道路などで多数の車両が関係する多重衝突事故が多く発生している。降雪時や吹雪時交通事故は、後続車からの発見が遅れやすく、規模の大きい多重衝突事故に拡大することが多く、その対策が急務の課題になっている。[*]著者らは、寒地型ITS技術の研究開発に携わり、ドライバーの安全走行を支援するシステムの研究を行っている。吹雪時の交通事故では、気象条件のほか、周辺環境や交通状況、ドライバーのヒューマン・ファクターが密接に関係している。そのため、安全走行支援システムの開発にあたっては、事故の発生要因を分析し、構造化することが不可欠である。[*]本研究では、過去における降雪・吹雪時の多重衝突事故事例からその発生原因や特徴を気象や交通の要因から分析し、有効な対策方法についての検討を行ったので、これについて報告する。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.