シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 移流拡散を考慮した汚染物質の一次元予測手法

作成年度 1998年度
論文名 移流拡散を考慮した汚染物質の一次元予測手法
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会北海道支部年次技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1999/02/08 ~ 1999/02/09
所属研究室/機関名 著者名(英名)
(株)福田水文センター甲斐 達也(KAI Tatsuya)
環境研究室佐藤 耕治(SATO Koji)
環境研究室齋藤 大作(SAITO Daisaku)
環境研究室渡邊 康玄(WATANABE Yasuharu)
環境研究室玉川 尊(TAMAGAWA Takashi)
抄録
河川の水質事故において、その汚染物質が流下過程でどのように分散するかを把握するために、実河川を対象に調査・解析を行った。ここでは、不等流計算と移流拡散方程式によって、水質成分の流下拡散を推定する方法をとる。この際、移流拡散係数が水質濃度を規定する重要な要因であるが、今回おこなった現地調査や、アメリカの河川での解析例をもとに、それが川幅・水深比のような河道水理諸元により決定できることを確認した。さらに、この手法を用いて事故歴のある小貝川をモデルとして再現し検証を行った結果、良好な結果が得られた。また、この手法の応用例として有害物質を流域に有する十勝川で、水質事故シミュレーションを試みた。これらの成果について報告する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.