シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 鵡川河口海域における洪水後の土砂拡散について

作成年度 1998年度
論文名 鵡川河口海域における洪水後の土砂拡散について
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会水理講演会
誌名(No./号数)
発表年月日 1999/03/16 ~ 1999/03/17
所属研究室/機関名 著者名(英名)
河川研究室船木 淳悟(FUNAKI Jungo)
環境研究室新目 竜一(SHINME Ryuichi)
抄録
流域の土砂管理を水系一貫した視点から取り扱うことの重要性が、近年非常に強調されるようになってきた。[*]一方で、最近では地球規模での環境保全という視点から、河川を陸域から海域へ土砂やその他様々な物質を運搬するシステムとして取り扱うべきとの認識がなされるようになり、河口周辺沿岸海域をも水系の要素として陸域一海域間の事象の研究が必要となってきた。[*]これらの一連の研究をさらに発展させていくためには、河口を挟んだ河川から海域への土砂の動態に関する観測データが不可欠である。しかしながら、こうした土砂の移動を連続的に調査した事例は極めて少なく、河川管理のために定期的に実施されている河川測量データや流量データなどから、河道と海岸域の変動関係を理論的に解析しているものがほとんどである。[*]以上のことから著者らは、河川から海域への土砂の移動・堆積過程を明らかにし、海岸地形変化における河川の機能を解明するための基礎的データを得ることを目的として、北海道の一級河川鵡川とその河口海域において洪水時の土砂の拡散・堆積の同時観測を実施している。本研究は、その調査結果、ならびに考察について述べたものである。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.