シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 キャベツ畑での炭酸ガスの長期収支観測

作成年度 1999年度
論文名 キャベツ畑での炭酸ガスの長期収支観測
論文名(和訳)
論文副題
発表会 農業気象学会全国大会
誌名(No./号数)
発表年月日 1999/07/28 ~ 1999/07/31
所属研究室/機関名 著者名(英名)
日本気象協会北海道本部丸谷 聖一(MARUYA Seiichi)
東京農工大学農学部青木 正敏(AOKI Masatoshi)
農業土木研究室吉田 英人(YOSHIDA Hideto)
農業土木研究室中山 博敬(NAKAYAMA Hiroyuki)
農業土木研究室秀島 好昭(HIDESHIMA Yoshiaki)
抄録
北海道の畑作では、従来の基幹的畑作物に加え野菜生産の拡大が望まれている。市場性の高い野菜では、安定した供給量と同時に均質な野菜の供給が求められる。[*]筆者らは、この目的に向け、畑地かんがいにおける適切な潅水技術の開発に取り組んでおり、本報は、その一環として、潅水による作物の生長状況を検討するためにキャベツ畑で観測した炭酸ガス収支の特徴を述べたものである。[*]日中に作物群落に取り込まれる炭酸ガス流入累計量の伸びと生長量(生全重)の伸びには線形な関係が認められ、炭酸ガス消費が作物生長の指標として露地でも適用できることが示唆された。また、キャベツ畑では、高温時や土壌が乾燥した条件では、炭酸ガスプラックスの変化(光合成障害)が生じていた。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.