シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 3戸の酪農家における窒素フローの推定

作成年度 1999年度
論文名 3戸の酪農家における窒素フローの推定
論文名(和訳) Estimation of Nitrogen Flow In The Area of Three Dairy Farms
論文副題
発表会 バイオルサイクル/コンポスト国際会議
誌名(No./号数)
発表年月日 1999/09/06 ~ 1999/09/08
所属研究室/機関名 著者名(英名)
土壌保全研究室橋本 淳一(HASHIMOTO Jyuichi)
土壌保全研究室石渡 輝夫(ISHIWATA Teruo)
抄録
北海道においては、酪農の急速な発展とともにそのふん尿の有効利用が環境保全の観点からも大きな課題となっており、酪農地帯における養分フローの中で、農業系外である環境への負荷量を抑制していくことが必要である。[*]北海道留萌支庁管内のふん尿処理・利用を一体的に実施している酪農家3戸(草地113ha、乳牛:258頭)からなる地域において、窒素に関わる収支・循環の検討を行った。購入肥料と購入飼料から13.8t-N(年間、以下同)が人為的に搬入された。降雨から0.4t-N、マメ科牧草による窒素固定で6.8t-Nも自然に系内に入った。自給牧草から17.1t-N、購入飼料から8.8t-Nが乳牛に与えられた。この内、人為的に系外へ搬出されるのは、748tの牛乳に含まれる3.4t-Nと廃牛に含まれる0.5t-Nに過ぎず、19.2t-Nがふん尿として排泄され、ふん尿からのアンモニア揮散等により5.8t-Nが大気を主体とした環境に排出されていた。これは、地域内に入る21.0t-Nの約3割にもなる。[*]調査対象地域では、肥培かんがい施設が整備され、ほとんど全てのふん尿が利用されており、たれ流しなどはない。ふん尿貯留施設や散布農地などが不充分な酪農家では、上記の3割よりもさらに大きな窒素損失が生じていると推定され、これを削減することは、資源の有効利用と環境保全のために今後の課題である。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.