シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 6種類の凍結抑制舗装の効果について

作成年度 1999年度
論文名 6種類の凍結抑制舗装の効果について
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第23回日本道路会議
誌名(No./号数)
発表年月日 1999/10/20 ~ 1999/10/22
所属研究室/機関名 著者名(英名)
維持管理研究室山村 芳久(YAMAMURA Yoshihisa)
維持管理研究室下道 純(SHIMOMICHI Jyun)
維持管理研究室高橋 守人(TAKAHASHI Morito)
抄録
冬期間の円滑な交通の確保は、積雪寒冷地における重要な課題であり、これらに対して舗装体からの対策の一つとして凍結抑制舗装がある。最近では、スパイクタイヤの使用規制により舗装表面の摩耗が減少し場所によっては塩化物系凍結抑制舗装の効果が十分発揮されなく物理系凍結抑制舗装について多く研究している。[*]そこで、現道において、物理系凍結抑制舗装5種類、塩化物系凍結抑制舗装1種類を施工し、その効果と供用性について調査対比した。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.