シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 実規模2径間連続桁をもちいたRC橋脚の急速制動加振実験における動的性状

作成年度 1999年度
論文名 実規模2径間連続桁をもちいたRC橋脚の急速制動加振実験における動的性状
論文名(和訳)
論文副題
発表会 都市直下型地震による構造物の衝撃破壊の解明と防止策に関するワークショップ
誌名(No./号数)
発表年月日 1999/12/04 ~ 1999/12/06
所属研究室/機関名 著者名(英名)
北海道開発局新山 惇(NIIYAMA Atushi)
北海道開発局佐藤 昌志(SATO Masashi)
北海道開発局池田 憲二(IKEDA Kenji)
㈱長大長谷川 正(HASEGAWA Tadashi)
抄録
本論文では、実橋梁に極力近い条件下でのRC橋脚の動的応答性状を把握することを目的として、実規模2径間連続桁模型動的載荷装置を加振実験を行った。[*]その結果、最大入力加速度が0.6G以上の場合には橋脚の塑性化により加速応答倍率が低下し、応答加速度-応答変位の関係は、静的実験における荷重-変位の関係にほぼ近似する。橋脚が健全な状態では、橋脚は入力振動数と同様な挙動をする。周波数特性により、桁の鉛直方向応答が橋脚の水平方向応答に影響を与えている可能性を示唆する結果などが判明した。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.