シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 アラミドで補強した壁式橋脚模型の復元力特性

作成年度 1999年度
論文名 アラミドで補強した壁式橋脚模型の復元力特性
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第56号 土木学会北海道支部論文報告集
誌名(No./号数)
発表年月日 2000/02/05 ~ 2000/02/06
所属研究室/機関名 著者名(英名)
(株)長大高畑 智考(TAKAHATA Tomotaka)
北海道開発局開発土木研究所池田 憲二(IKEDA Kenji)
(社)北海道開発技術センター新山 惇(NIIYAMA Atsushi)
北海道開発局札幌開発建設部佐藤 昌志(SATO Masashi)
抄録
兵庫県南部地震以後、鉄筋コンクリート構造物の被害を踏まえ各研究機関において研究が行われ種々の耐震設計基準が改定されてきている。その中で連続繊維を用いた補強工法については、柱部材への摘要が多く種々の工法が提案されているが、河川橋等で実績の多い壁式の橋脚形状への摘要を考えた研究報告は比較的少ないと思われる。このような背景の中、著者らはこれまでの実規模二径間連続桁模型の壁式橋脚実験において、中間貫通鋼材を配置することにより、連続繊維の有用性を減ずることなく補強効果が得られるという知見を得ている。[*]本論文は、連続繊維のアラミド繊維に着目し、既設橋脚への摘要を想定した中で、段落としを有する橋脚についての補強手法によって復元力特性や変形性能等がどの様に影響を及ぼすかについて、正負交番載荷実験を行ったのでその結果について報告を行うものである。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.