シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 地盤条件を変化させた柱式RC落石覆道の断面力分布性状

作成年度 1999年度
論文名 地盤条件を変化させた柱式RC落石覆道の断面力分布性状
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第56回土木学会北海道支部論文報告集
誌名(No./号数)
発表年月日 2000/02/05 ~ 2000/02/06
所属研究室/機関名 著者名(英名)
(株)構研エンジニアリング川瀬 良司(KAWASE Ryouji)
室蘭工業大学松岡 健一(MATSUOKA Kenichi)
構造研究室今野 久志(KONNO Hisashi)
室蘭工業大学岸 徳光(KISHI Norimitsu)
室蘭工業大学村本 賢一郎(MURAMOTO Kenichiro)
抄録
本論文では、柱式RC落石覆道に関するより詳細な実設計のための基礎資料を得ることを目的として、覆工基礎地盤の状態、および物性を変化させた場合の3次元弾性衝撃応答解析を行った。また、併せて、これら基礎地盤を考慮した落石覆道の衝撃挙動に関する緩衝構造の影響についても検討を行っている。[*]その結果、地盤条件において、各断面カは道路軸中央断面、端部断面ともに同様の分布性状を示すものの、端部断面における断面力は中央断面の2倍程度となる。杭基礎の場合、柱上部の曲げモーメントがその他地盤条件に比べて正負ともに大きな値となるため、設計にあたっては十分な検討が必要である。地盤が砂質土の場合には、底板部幅員方向中央の負の曲げモーメントがその他の地盤条件に比べて大きくなるが、この値は覆工全体から見ると微少な値である。せん断力に関しては、各地盤条件の違いによる影響が見られない。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.