シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 人工岩盤斜面での変状測定について

作成年度 1999年度
論文名 人工岩盤斜面での変状測定について
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第56回土木学会北海道支部論文報告集
誌名(No./号数)
発表年月日 2000/02/05 ~ 2000/02/06
所属研究室/機関名 著者名(英名)
(株)構研エンジニアリング山本 浩(YAMAMOTO Hiroshi)
構造研究室中井 健司(NAKAI Kenji)
構造研究室日下部 祐基(KUSAKABE Hiroki)
構造研究室池田 憲二(IKEDA Kenji)
抄録
自然斜面に設置した計測機器から得られたデーターについての検討を行うための基礎資料として、人工岩盤斜面において既に使用されている計測機器を設置し、長期的な計測および模擬的な各種斜面変状実験をおこなった。[*]その結果、各種計測機器の測定値は、強制変位、静的載荷、動的加振のいずれの場合によってもそれらによって引き起こされた岩盤の変位に整合するものであり、計測機器間のデータの整合性も良好であった。応答性の面では、微少変位をとらえる表面クラック変位形と孔内ひずみ計は、強制変位、静的載荷、動的加振のいずれに対しても計測機器は、入力波動のフーリエスペクトルの特徴をよく反映しており、良好な追随性を示している。両計測機器については、15hz付近まで応答追随性が確認された。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.