シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 改良型埋設ジョイントの施工報告と新構造の提案

作成年度 1999年度
論文名 改良型埋設ジョイントの施工報告と新構造の提案
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第56回土木学会北海道支部論文報告集
誌名(No./号数)
発表年月日 2000/02/05 ~ 2000/02/06
所属研究室/機関名 著者名(英名)
(株)日本製鋼所寺田 寿(TERADA Hisashi)
(株)日本製鋼所熱海 明彦(ATAMI Akihiko)
構造研究室三田村 浩(MITAMURA Hiroshi)
構造研究室池田 憲二(IKEDA Kenji)
抄録
本研究では、上下変位も含む全移動方向可能な改良型埋設ジョイントを開発し、試験施工を行ったので設計・施工の報告をするもである。また、地震による応答変位が150㎜程度を考慮した橋梁への採用も考慮し、全方向の移動が可能である簡易な改良型埋設ジョイントの検討を行ったので併せて報告する。[*]その結果、鋼材部の部材数が従来の鋼製伸縮装置より少なくなり、製作コストの低減がはかれた。メッキ施工を考慮し、組立段階毎に寸法を確認しながら加工することにより精度の良い製品ができた。新構造の提案した改良型埋設ジョイントは、解析結果より温度変化には十分に変位吸収できる。また、今回想定した地震時における応答変位おいて、引っ張りについては150mmまで変位吸収が可能と考えられ、圧縮については110mm程度までが可能との解析結果となった。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.