シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 1999年鵡川における春夏洪水時の水理特性について

作成年度 1999年度
論文名 1999年鵡川における春夏洪水時の水理特性について
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会北海道支部 年次技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2000/02/05
所属研究室/機関名 著者名(英名)
河川研究室喜澤 一史(KIZAWA Kazufumi)
河川研究室井出 康郎(IDE Yasurou)
北海道大学大学院長谷川 和義(HASEGAWA Kazuyoshi)
北海道大学三宅 浩一郎(MIYAKE Kouichirou)
抄録
鵡川で行った1999年4月(融雪)と8月(降雨)の2つの洪水観測の結果からその洪水の特徴について考察を行った。浮子による河川横断方向の流速分布の結果からピークとなる順番が逆転していた。掃流砂量の時間変化によると春は3時間周期、夏は7時間周期で変動しており、異なる河床波の存在が考えられる。特に夏洪水では掃流砂量と水面勾配は同調して変動していたことから、河床波の存在が水理諸元に影響していた。夏洪水のADCPの流速分布やADCPの河床高計測値によると、前者と異なる周期の変化が見られる。このことは規模・波長の異なる河床波が混在していたことを示唆するものである。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.