シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 アラミド全巻き補強を施した壁式RC橋脚のP-△効果と振動特性

作成年度 1999年度
論文名 アラミド全巻き補強を施した壁式RC橋脚のP-△効果と振動特性
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第56回土木学会北海道支部論文報告集
誌名(No./号数)
発表年月日 2000/02/05 ~ 2000/02/06
所属研究室/機関名 著者名(英名)
(社)北海道開発技術センター新山 惇(NIIYAMA Atsushi)
北海道開発局札幌道路事務所佐藤 昌志(SATO Masashi)
北海道開発局開発土木研究所池田 憲二(IKEDA Kenji)
(株)土木技術コンサルタント三好 章仁(MIYOSHI Akihito)
抄録
著者らは、これまでにRC橋脚の動的挙動を把握することを目的として各種の静的及び動的載荷実験を行ってきた。これらの実験の多くは、上部工に相当する重量を重錘又はジャッキ等による載荷で再現した。1質点系モデルを用いたものであり、支承を介して鉛直方向変位の拘束を受ける実験梁とは異なった振動特性を示すものと考えられる。[*]そこで、衝撃的な地震動を受けるRC橋脚の振動特性をできる限り忠実に再現する試みとして、大型走行架台上に実規模の二径間連続鋼製桁模型を設置し、この架台をエアーベアリングを介して浮上させた状態で走行させ、反力壁を用いて急制動をかけることによって衝撃的な地震動を再現する装置を開発し、実規模二径間連続桁の中間橋脚として設置した橋脚模型を試験体として、実橋梁により近い条件下でRC橋脚の地震時挙動に関する検討を行ってきた。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.