シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 模擬岩盤斜面での岩盤変状とAE計測

作成年度 1999年度
論文名 模擬岩盤斜面での岩盤変状とAE計測
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第56回土木学会北海道支部論文報告集
誌名(No./号数)
発表年月日 2000/02/05 ~ 2000/02/06
所属研究室/機関名 著者名(英名)
(株)構研エンジニアリング川瀬 良司(KAWASE Ryoji)
構造研究室池田 憲二(IKEDA Kenji)
飛島建設(株)技術研究所塩野 智基(SHIONO Tomoki)
(株)構研エンジニアリング塩野 康浩(SHIONO Yasuhiro)
構造研究室日下部 祐基(KUSAKABE Hiroki)
飛島建設(株)技術研究所三輪 滋(MIWA Shigeru)
抄録
本研究では、最新のデジタル信号処理部(DSP)からなるAE計測装置を模擬岩盤斜面の破壊実験に適用し、岩盤内の局所破壊の進展とAE挙動、潜在亀裂を有する岩盤の、加振された岩盤振動レベルとAEイニシエーションについて検討し以下のような結論を得た。岩盤初期変状から得られるAE波形は、0.1~0.2μのひずみに対応していた。AE平均エネルギーより、初期のステージ降下で対象岩塊下部に局所破壊の発生が推定された。ひずみ計測から推定された岩塊破壊挙動とAEの発生源の推移より推定された破壊挙動は合致していた。亀裂計の著しい変動は、AEとひずみにより推定された局所破壊の進展以降となり、大規模破壊の前兆現象与える局所破壊の進展過程を岩盤表面に設置した亀裂計から判断するのは容易ではないことが分かった。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.