シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 冬用タイヤ走行が雪氷路面性状に与える影響について

作成年度 1999年度
論文名 冬用タイヤ走行が雪氷路面性状に与える影響について
論文名(和訳)
論文副題
発表会 雪と道路の研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2000/02/18
所属研究室/機関名 著者名(英名)
交通研究室大沼 秀次(ONUMA Hidetsugu)
交通研究室及川 秀一(OIKAWA Syuichi)
交通研究室川村 浩二(KAWAMURA Kouji)
抄録
積雪寒冷地域である北海道においては、スパイクタイヤによる粉塵問題の顕在化を契機にスパイクタイヤの使用規制が開始され、以後、現在まで数年経過してきた。この間、粉塵問題が一掃される一方、スタッドレスタイヤによる非常にすべりやすい雪氷路面の多発、及びそれに伴うスリップ事故の急増が社会問題化した。そのため、道路管理者は特に幹線道路において冬期道路管理の高度化に努力してきているが、北海道は多雪地帯域のため、都市圏を形成する膨大な道路ネットワークについては、その多くが圧雪路面状況を呈している状況であり、非常にすべりやすい雪氷路面の発生防止のさらに多方面からの効果的な対策が望まれている。[*]そこで本研究では、当研究所所有の凍結路面室内走行試験機を用いて、冬用タイヤ(スパイクタイヤ・スタッドレスタイヤ)が雪氷路面のすべり性状に与える影響について検討した。その結果、スパイクタイヤは氷板路面および圧雪路面の粗面化に寄与するが、スタッドレスタイヤの場合は、わずか数百台の走行で通常の圧雪路面を非常にすべりやすく変化させることが確認された。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.