シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 有効応力解析によるSCP改良地盤と未改良地盤の地震時挙動の検討

作成年度 2000年度
論文名 有効応力解析によるSCP改良地盤と未改良地盤の地震時挙動の検討
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第35回地盤工学研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2000/06/13 ~ 2000/06/15
所属研究室/機関名 著者名(英名)
飛島建設㈱池田 隆明(IKEDA Takaaki)
飛島建設㈱三輪  滋(MIWA Shigeru)
土質基礎研究室江川 拓也(EGAWA Takuya)
土質基礎研究室西川 純一(NISHIKAWA Jun’ichi)
飛島建設㈱大野 孝二(OONO Kouji)
土質基礎研究室林  宏親(HAYASHI Hirochika)
抄録
日高自動車道において、液状化対策を目的にサンドコンパクション工法(SCP工法)による地盤改良が実施されている。本地点では、液状化アレー観測により、改良効果の確認が継続的に行われている。[*]本報告では、改良地盤と未改良地盤を対象に一次元有効応力解析を実施し、解析結果と実測値を比較検討した。その結果、以下のことが明らかとなった。[*]1)改良地盤で観測された過剰間隙水圧は未改良地盤の1/3~1/6程度であり、SCP工法による改良効果が見られた。[*]2)有効応力解析で、地盤改良による過剰間隙水圧抑制効果が再現できた。[*]3)有効応力解析で未改良地盤と改良地盤のG.L.-14.5mの過剰間隙水圧の上昇過程や最大上昇量を精度良く再現できた。[*]4)改良地盤と未改良地盤では、過剰間隙水圧の上昇量の違いにより、G.L.-2mでの加速度時刻歴や伝達関数などに差異がみられた。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.