シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 排水路沿いに林帯を有する斜面での降雨流出

作成年度 2000年度
論文名 排水路沿いに林帯を有する斜面での降雨流出
論文名(和訳)
論文副題
発表会 農業土木学会大会講演会
誌名(No./号数)
発表年月日 2000/08/02 ~ 2000/08/05
所属研究室/機関名 著者名(英名)
農業土木研究室中村 和正(NAKAMURA Kazumasa)
釧路開発建設部森脇 真哉(MORIWAKI Shinya)
釧路開発建設部大久保純一(OKUBO Jun’ichi)
土壌保全研究室石田 哲也(ISHIDA Tetsuya)
農業土木研究室中山 博敬(NAKAYAMA Hiroyuki)
農業土木研究室秀島 好昭(HIDESHIMA Yoshiaki)
抄録
北海道東部の酪農地帯において自然河川状態の排水路沿いに林帯がある場合の降雨流出経路を調査した。草地の浸透能が極めて小さいため、降雨は表面流出として林帯に到達していた。しかし倦怠では200~600mm/hの浸透能があり、草地からの放出水はここで浅い地下水となる。そのため一連降雨が30mm以下の場合には林帯内で表面流出は生じなかった。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.