シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 3次元FEM解析によるロックボルト工支保効果の定量的評価

作成年度 2000年度
論文名 3次元FEM解析によるロックボルト工支保効果の定量的評価
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会北海道支部 年次講演会
誌名(No./号数)
発表年月日 2001/02/03 ~ 2001/02/04
所属研究室/機関名 著者名(英名)
北海道大学小池 明夫
北海道大学吉田 美奈子
北海道大学三上 隆
構造研究室池田 憲二(IKEDA Kenji)
抄録
トンネル設計におけるNATM工法の3次元解析は、一般に膨大な手間と計算量を必要とするため2次元的なモデル化での解析が一般的であった。しかしながら、切羽付近の地山変形状態やロックボルト工の効果を正確に把握することが重要である。ロックボルトは、郷土の小さい軟弱地盤においては掘削による地山変形の抑制、塑性化の防止、塑性領域の拡大抑制など、地山の安定性を高める効果をもつ。また、コンクリート支保工との併用による効果も期待される。このことから、本研究では3次元有限要素法を用いてロックボルト工の支保効果を段階施工解析を実施し評価検討を行った。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.