シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 高強度コンクリートの実用化技術の開発

作成年度 2000年度
論文名 高強度コンクリートの実用化技術の開発
論文名(和訳)
論文副題 PC橋梁および合成床版への適用
発表会 土木学会北海道支部 年次講演会
誌名(No./号数)
発表年月日 2001/02/03 ~ 2001/02/04
所属研究室/機関名 著者名(英名)
鹿島研究所新井 崇泰(ARAI Takayasu)
鹿島研究所字都木一弘(UTUKI Kazuhiro)
構造研究室池田 憲二(IKEDA Kenji)
鹿島研究所福田 一郎(FUKUDA Itirou)
構造研究室三田村 浩(MITAMURA Hiroshi)
抄録
近年橋梁は、長大化、大規模化への傾向にあり、死荷重の軽減を図ることが重要になってきている。橋梁の上部工を軽量化することが、下部構造の縮小化、軟弱地盤への対応化、支保工や建設機械の簡略化が可能となり建設コストの縮減、さらには、地震時慣性力の軽減は耐震設計上有利である。これらのことから、高強度軽量コンクリートを橋梁へ適用できることを目的として試験施工による施工技術を確立した。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.