シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 鵡川沿岸の基礎生産に及ぼす光環境の影響に関する研究

作成年度 2014年度
論文名 鵡川沿岸の基礎生産に及ぼす光環境の影響に関する研究
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会 海洋開発シンポジウム
誌名(No./号数) 土木学会論文集 B3 (海洋開発)特集号( Vol. 70 ,No.2)
発表年月日 2014/06/26 ~ 2014/06/27
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水産土木チーム大橋 正臣(OOHASHI Masami)
北海道開発局河合 浩(KAWAI Hiroshi)
水産土木チーム三上 信雄(MIKAMI Nobuo)
水環境保全チーム水垣 滋(MIZUGAKI Shigeru)
(独法)水産総合研究センター 水産工学研究所大村 智宏(OHMURA Yoshihiro)
(独法)水産総合研究センター 水産工学研究所山本 潤(YAMAMOTO Jun)
北海道大学門谷 茂(MONTANI Shigeru)
抄録
鵡川沿岸は北海道を代表するウバガイ(ホッキガイ)の好漁場である.当海域は一級河川である鵡川,沙流川により流域全体から底質材料と栄養塩が供給されることで,好漁場が形成される一方,出水時には濁水による浮遊砂が流入し光環境を悪化させる.我々は当海域の基礎生産構造を明らかにするために平水時,夏季出水時,融雪出水時の調査を行った.調査結果から濁水による光環境の変化は基礎生産に影響を及ぼすことが判明している.本研究では観測した光量子量,SS,Chl-aを用いて光環境について整理・検討し,当海域の消散係数に関する予測式の提案を試みた.本研究の成果は,沿岸域の基礎生産量などを低次生態系モデルで予測・解析する上で有効な知見になると考える.
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.