シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 樋門のゲート操作台・門柱部のコンクリートの凍害劣化診断に関する研究

作成年度 2014年度
論文名 樋門のゲート操作台・門柱部のコンクリートの凍害劣化診断に関する研究
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 寒地土木研究所月報 第733号
発表年月日 2014/06/10
所属研究室/機関名 著者名(英名)
耐寒材料チーム内藤 勲(NAITOU Isao)
耐寒材料チーム島多 昭典(SHIMATA Akinori)
寒地技術推進室道北支所渡邊 尚宏(WATANABE Masahiro)
抄録
積雪寒冷地の樋門コンクリートは、冬期の厳しい環境条件により、凍害劣化による損傷が多く見られる。特に樋門の操作台は、その形状から凍害劣化を受け易く、他の部位に比べて損傷が著しい。しかし、このような損傷が生じ易い部位における凍害劣化の程度や損傷範囲を的確に判断する診断技術が確立していないことから、適切な補修範囲の設定がなされていないため、補修が施されても再劣化が生じている事例は多い。このことから、本研究では、樋門のゲート操作台・門柱部のコンクリートの凍害劣化による特徴的な損傷事例を抽出して、事例毎の凍害劣化の原因とメカニズムを分析し、劣化診断に必要な着眼点を整理した。また、ゲート操作台・門柱部のコンクリートの凍害劣化程度を超音波法によって測定し、診断結果から得られた補修範囲と一般的な補修設計における断面修復工の補修範囲との比較を行った。その結果、ゲート操作台・門柱部のコンクリートの凍害劣化の程度を超音波法で測定することにより、補修設計値の精度向上が可能であることを確認した。さらに、ゲート操作台の補修後の凍害による再劣化防止対策として、滞水防止と水分浸透防止を併用した対策の提案を行った。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.