シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 吹雪風洞実験における防雪林縮尺模型とPIVについて

作成年度 2014年度
論文名 吹雪風洞実験における防雪林縮尺模型とPIVについて
論文名(和訳)
論文副題
発表会 雪氷研究大会(2014・八戸)
誌名(No./号数)
発表年月日 2014/09/20 ~ 2014/09/23
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地機械技術チーム山崎 貴志(YAMAZAKI Takashi)
寒地機械技術チーム住田 則行(SUMITA Noriyuki)
寒地機械技術チーム中村 隆一(NAKAMURA Ryuuichi)
抄録
道路防雪林は道路の防雪対策施設の一つであり,その防雪機能の調査のためこれまで多くの風洞実験が行われてきている。風洞実験で使用する一般的な縮尺模型は形状を保ったまま縮尺する場合が多いが,樹木は複雑なため形状を保ったまま縮尺模型を製作することは困難である。そのため,これまで行われてきた実験ではブラシやフィルター材など様々なものが樹木模型として用いられてきたが,どのような模型が適切かはほとんど検討されていない。また,多くの実験は風速により評価が行われており,PIV(粒子画像流速測定法)で得られるような流速によるものは少ない。本件では,防雪林に関する風洞実験における樹木模型の形式とPIVの適用性を検討するため,数種類の樹木模型について,風速計測とPIVでの流速計測を行い比較した。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.