シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 整備途中における混成堤の波力特性について

作成年度 2013年度
論文名 整備途中における混成堤の波力特性について
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第57回(平成25年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2014/02/18 ~ 2014/02/20
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒冷沿岸域チーム酒井 和彦(SAKAI Kazuhiko)
(未記入)上久保 勝美(KAMIKUBO Katsumi)
(未記入)林 誉命((no entry))
抄録
公共事業の抑制により防波堤が防波機能を発揮する延長の整備には長い年月を要する。解消策の一つとして暫定断面整備方式がある。この方式は天端が低い状態で越年することが考えられる。しかし、現行設計法では通常天端の混成堤と比べると堤体幅が大きくなり不経済な断面となる傾向がある。本研究は天端が水中にある場合や水面にわずかに出ている状態などの整備途中を想定して堤体に作用する波力特性を水理模型実験により検討する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.