シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 高標高帯における積雪分布の推定方法

作成年度 2013年度
論文名 高標高帯における積雪分布の推定方法
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第57回(平成25年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2014/02/18 ~ 2014/02/20
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水環境保全チーム西原 照雅(NISHIHARA Terumasa)
(未記入)中津川 誠((no entry))
(未記入)矢部 浩規(YABE Hiroki)
抄録
 積雪寒冷地にとって融雪水は貴重な水資源である.しかし,樹林帯のような低標高帯の積雪分布を推定する手法はある程度確立しているものの,森林限界以上のような高標高帯の積雪分布を推定する手法は確立していない.本研究では,忠別ダム流域の高標高帯において実施した航空レーザ測量結果を基に開発した,積雪調査結果を用いて高標高帯の積雪分布を簡易に推定する手法を紹介する.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.