シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 鵡川・沙流川流域における土砂・栄養塩収支

作成年度 2013年度
論文名 鵡川・沙流川流域における土砂・栄養塩収支
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第57回(平成25年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2014/02/18 ~ 2014/02/20
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水環境保全チーム水垣 滋(MIZUGAKI Shigeru)
(未記入)吉川 契太郎((no entry))
(未記入)佐々木 晋((no entry))
抄録
 河川を通じて流出する土砂・栄養塩等の物質は、陸域・海域の自然環境の形成に重要な役割を果たす。とくに北海道をはじめとする積雪寒冷地域では融雪出水の寄与が大きく、流域・沿岸域の総合的な水・土砂管理において、年間を通じた複数流域での物質流出特性の把握が必須となる。本研究では、鵡川及び沙流川水系において、融雪及び降雨出水時の水文・水質調査を多地点・同時・合同で実施し、土砂・栄養塩の収支を検討した。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.