シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 凍結路面対策としての粗面系舗装の有効性に関する研究

作成年度 2014年度
論文名 凍結路面対策としての粗面系舗装の有効性に関する研究
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 寒地土木研究所月報 第740号
発表年月日 2015/01/06
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地道路保全チーム田中 俊輔(TANAKA Shunnsuke)
寒地交通チーム高橋 尚人(TAKAHASHI Naoto)
寒地交通チーム徳永 ロベルト・アブラハム(TOKUNAGA Robert)
寒地道路保全チーム安倍 隆二(ABE Ryuuji)
北海学園大学工学部社会環境工学科教授武市 靖(TAKEICHI Kiyoshi)
抄録
粗面系舗装は、沿道環境改善や走行安全性の向上を目的として一般的に施工されているが、積雪寒冷地では凍結路面対策を目的とした施工も多い。筆者らは、凍結路面対策としての粗面系舗装の効果や凍結防止剤と複合させた効果について、主に室内試験から検証してきた。しかし、これらの研究の課題として、実道もしくはそれに近い環境下での検討事例が十分ではないことがある。交通条件や道路気象条件などの環境条件、舗装の性状などが多様な屋外や実道は、多くのデータを蓄積する必要がある。本研究は、苫小牧寒地試験道路において屋外試験と、札幌近郊の一般国道230号において冬期路面すべり抵抗モニタリング調査を行った。それぞれの結果から、凍結防止剤散布効果や道路気象条件の影響を考慮して、粗面系舗装の凍結路面対策としての効果を検証した。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.