シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 火山礫を疎水材に用いた暗渠の排水機能の持続性

作成年度 2012年度
論文名 火山礫を疎水材に用いた暗渠の排水機能の持続性
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 寒地土木研究所月報 第707号
発表年月日 2012/04/13
所属研究室/機関名 著者名(英名)
北海道開発局釧路開発建設部根室農業事務所第1工事課開発専門職(前 資源保全チーム)大岸 譲(OOGISHI Yuzuru)
資源保全チーム大深 正德(OFUKA Masanori)
寒地技術推進室中谷 利勝(NAKAYA Toshikatsu)
抄録
近年、北海道空知南部地域では、近隣に分布する軽石(ここでは火山礫と称する)を疎水材として用いた火山礫暗渠が施工されるようになってきている。既往の研究では、空知南部地域の近隣に分布している火山礫の物理性が調査され、疎水材として適用するための基準案が示されている。しかし、施工後における火山礫の物理性や火山礫暗渠の排水機能は調査されていないため、長期供用による火山礫暗渠の排水機能の持続性が不明である。このため、火山礫暗渠施工後3、6、9年が経過した圃場を調査圃場として、それぞれの圃場で地下水位調査、地耐力調査及び疎水材部の断面調査と物理性調査を行った。その結果、いずれの圃場においても火山礫暗渠は暗渠排水の計画基準を満足しており、排水機能を維持していることが確認された。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.