シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 天塩川における塩水遡上とヤマトシジミ生息環境に関する研究

作成年度 2014年度
論文名 天塩川における塩水遡上とヤマトシジミ生息環境に関する研究
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 寒地土木研究所月報 第742号
発表年月日 2015/03/10
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水環境保全チーム杉原 幸樹(SUGIHARA Kouki)
水環境保全チーム渡邉 和好(WATANABE Kazuyoshi)
水環境保全チーム平井 康幸(HIRAI Yasuyuki)
抄録
天塩川のヤマトシジミ現存量を解析した結果、ヤマトシジミは底質環境と明瞭な関係が見られず、河床標高に依存する傾向が確認された。ヤマトシジミ生息環境の評価を行うため、超音波流速計(ADCP)観測および塩分観測を実施した。その結果、明瞭な2層流を形成する塩水遡上が確認された。ADCP データから塩淡境界位置の推定手法を検討し、境界標高の時間変化を推定可能とした。これにより標高毎の塩水接触頻度が推定可能となった。今回の検討により、現状のヤマトシジミは淡水域に生息し、再生産が抑制される環境であることがわかった。資源保全のためには塩水接触頻度を上昇させることが有効と考えられ、河川流速や流量によって塩淡境界位置を制御できる可能性を示した。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.