シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 吹雪時の降雪強度把握に向けた温水式降水量計と二重柵基準降水量計の比較観測

作成年度 2015年度
論文名 吹雪時の降雪強度把握に向けた温水式降水量計と二重柵基準降水量計の比較観測
論文名(和訳)
論文副題
発表会 2015年度日本雪氷学会北海道支部 研究発表会
誌名(No./号数) 北海道の雪氷第34号
発表年月日 2015/05/15 ~ 2015/05/16
所属研究室/機関名 著者名(英名)
雪氷チーム大宮 哲(OMIYA Satoshi)
雪氷チーム原田 裕介(HARADA Yuusuke)
雪氷チーム松澤 勝(MATSUZAWA Masaru)
抄録
風速の増加とともに降水量計に対する降雪粒子の捕捉率は低下するため、吹雪時の降雪強度を正確に測定することは困難である。風速と捕捉率の関係式が既往研究(横山ら2003)にて示されているが、一般的に吹雪発生臨界風速とされる風速5m/s以上での測定データは少ない。そこで著者らは、吹雪時の降雪強度をより精度良く算出するための補正式を作成することを目的とし、温水式降水量計およびWMOが基準器として定める二重柵基準降水量計を用いた比較観測を昨冬期より開始した。本発表では観測概要および測定結果について述べる。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.