シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 斜風時における道路防雪柵近傍での吹雪粒子の挙動について

作成年度 2015年度
論文名 斜風時における道路防雪柵近傍での吹雪粒子の挙動について
論文名(和訳)
論文副題 風洞実験による調査
発表会 雪氷研究大会(2015・松本)
誌名(No./号数)
発表年月日 2015/09/13 ~ 2015/09/16
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地機械技術チーム山崎 貴志(YAMAZAKI Takashi)
寒地機械技術チーム住田 則行(SUMITA Noriyuki)
寒地機械技術チーム幸田 勝(Masaru Kouda)
抄録
道路防雪柵のひとつである吹き払い柵は路面上の雪を吹き払うことを機能とするものであるが、主風向が柵に直交していない斜風の場合には吹き払い機能が低下するとされている。しかし、風向と吹き払い機能低下の関係は定量的には明らかになってはいない。この関係を解明するためには防雪柵近傍での吹雪粒子の挙動を計測する必要があると考えられるが、実際の防雪柵で計測することは困難である。このため、比較的容易に計測を行うことができる風洞実験において、面的に流れ場を計測することができるPIV(粒子画像流速測定法)により吹雪粒子の挙動を計測した。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.