シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

論文投稿 将来的なモニタリングが可能な開水路の対策工法

作成年度 2015年度
論文名 将来的なモニタリングが可能な開水路の対策工法
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 農業農村工学会誌
発表年月日 2015/10/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
鳥取大学緒方 英彦(Hidehiko Ogata)
水利基盤チーム石神 暁郎(Akio Ishigami)
水利基盤チーム田場 一矢(Kazuya Taba)
抄録
農業水利施設のストックマネジメントが直面している課題の一つは,継続的なモニタリングにより施設の長寿命化が確実に図られていることを受益者だけでなく国民に対して具体的に説明できるようにすることであり,関係者においては将来的なモニタリングが実施できることを前提とした対策工法を選定あるいは開発を行うことが求められる。本報では,農業水利施設の中でも開水路を対象に,まず対策工法の選定あるいは開発を行う上での留意事項について著者らの考えを述べた後,著者らが開発を進めている水路更生工法を適用した開水路における対策工法及び躯体のモニタリングの事例を示し,将来的なモニタリングが可能な対策工法のありようについて述べた。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.