シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 電磁波レーダによる空港舗装体の評価方法に関する研究

作成年度 2015年度
論文名 電磁波レーダによる空港舗装体の評価方法に関する研究
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 寒地土木研究所月報 第749号
発表年月日 2015/10/13
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地道路保全チーム安倍 隆二(ABE Ryuuji)
寒地道路保全チーム木村 孝司(KIMURA Takashi)
寒地道路保全チーム上野 千草(UENO Chigusa)
抄録
寒冷地では、舗装体が膨れ上がるブリスタリング現象が発生している空港があり、ブリスタリングの発生実態や発生要因を把握することは、対策工法を立案する上で重要な調査項目となっている。本研究では電磁波レーダによる探査技術を用い、ブリスタリング現象の発生要因となる空港舗装体内部の層間剥離や水分の検知についての室内試験および現地調査を実施した。その結果、電磁波レーダによる測定画像による検知技術は、ある一定の条件下の層間剥離や水分の検知において適用可能な調査方法であることを明らかにした。また、反射強度率を用いることで、測定画像では検知できないようなブリスタリング発生箇所についても、抽出できる可能性があることも確認した。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.