シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 寒冷地における表面含浸材による既設コンクリートの凍・塩害抑制効果

作成年度 2015年度
論文名 寒冷地における表面含浸材による既設コンクリートの凍・塩害抑制効果
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 寒地土木研究所月報 第752号
発表年月日 2016/01/04
所属研究室/機関名 著者名(英名)
耐寒材料チーム遠藤 裕丈(ENDOH Hirotake)
金沢大学理工学域環境デザイン学類准教授久保 善司(KUBO Yoshimori)
耐寒材料チーム島多 昭典(SHIMATA Akinori)
抄録
表面含浸材は、水や塩化物イオンの侵入抑制、鉄筋の防錆といった所定の機能をコンクリートに付与するための浸透性の保護材である。基本的には新設もしくは打換え直後のコンクリート部材の予防保全のために使用されるが、近年は既存の構造物を安心して長く使い続けるため、既設の部材に適用されるケースも増えている。本研究では、寒冷環境下に曝される既設コンクリートへの表面含浸工法の適用性を評価するため、北海道内において実橋での試験施工および暴露実験を行った。調査期間5~10年の範囲ではあるが、劣化の程度が軽微であれば、適切な表面含浸材を選定することにより、凍・塩害の進行抑制が期待されることを確認した。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.