シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 疲労と凍害で複合劣化したRC はりの耐荷力に関する実験的評価

作成年度 2015年度
論文名 疲労と凍害で複合劣化したRC はりの耐荷力に関する実験的評価
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 寒地土木研究所月報 第754号
発表年月日 2016/03/10
所属研究室/機関名 著者名(英名)
耐寒材料チーム林田 宏(HAYASHIDA Hiroshi)
北海道大学大学院工学院北方圏環境政策工学部門准教授佐藤 靖彦(SATO Yasuhiko)
北海道大学大学院工学院北方圏環境政策工学部門教授上田 多門(UEDA Tamon)
抄録
積雪寒冷地の道路橋のRC 床版は、疲労と凍害との複合劣化を受け、陥没などが生じ、安全性が低下している。しかし、この複合劣化に伴うRC 部材の構造性能の変化は、現段階では不明確である。そこで、安全性に影響する耐荷力と複合劣化との関係を明らかにするため、劣化種類を変えたRC はりの静的載荷試験を行った。その結果、凍害単独劣化および疲労と凍害との複合劣化を受けたRC はりの耐荷力は低下するが、引張鉄筋の降伏が先行する曲げ引張破壊形態では、既往の耐力算定式に圧縮域の強度低下を考慮することにより、耐荷力が評価できることなどが明らかとなった。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.