シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 路床への各種品質管理方法の適用性について

作成年度 2016年度
論文名 路床への各種品質管理方法の適用性について
論文名(和訳)
論文副題
発表会 (公社)地盤工学会
誌名(No./号数)
発表年月日 2016/09/13 ~ 2016/09/15
所属研究室/機関名 著者名(英名)
土木研究所山田 充(YAMADA Mitsuru)
寒地地盤チーム林 憲裕(HAYASHI Toshihiro)
寒地地盤チーム佐藤 厚子(SATOU Atsuko)
抄録
道路工事における路床の品質管理として,国土交通省北海道開発局では材料の品質管理を設計CBRおよび修正CBRで行い,施工の品質管理は砂置換法による密度管理法を採用している.しかし,砂置換法は測定作業に1時間程度,測定結果の判明に約1日の時間を要するため,場合によっては工事の進捗に影響を及ぼす可能性がある.本報告では砂置換法と同程度の測定精度を担保しつつ,より迅速に品質管理を行うことのできる方法として,衝撃加速度測定装置,小型FWD,および土壌硬度計の3種類について,道路路床での品質管理への適用性について検討した.その結果,いずれの測定機器においても,本測定対象の路床材料に対する適用性を確認した.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.