シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 低品質再生粗骨材を使用したプレキャストコンクリート製品の積雪寒冷地における適用性

作成年度 2016年度
論文名 低品質再生粗骨材を使用したプレキャストコンクリート製品の積雪寒冷地における適用性
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 寒地土木研究所月報 第755号
発表年月日 2016/04/20
所属研究室/機関名 著者名(英名)
耐寒材料チーム清野 昌貴(SEINO Masaki)
耐寒材料チーム吉田 行(YOSHIDA Susumu)
耐寒材料チーム島多 昭典(SHIMATA Akinori)
抄録
コンクリート塊の再資源化率は高い水準を保っているが、今後はコンクリート構造物の老朽化によ るコンクリート解体材の急激な増加により、再資源化率の低下が懸念される。また、大規模災害等で 発生するコンクリート殻は、早期復旧の妨げになるため早い段階での処理が望まれる。その有効活用 先として、コンクリートへの再利用が挙げられるが、コンクリート塊は様々な品質が混在するため、 コンクリート塊から製造される再生粗骨材の品質はバラツキが予想され、これを用いて造られるコン クリートは、品質の低下が懸念される。そこで、本研究は、生産地が異なる比較的低品質の再生粗骨 材を使用し、水結合材比を変えた配合、膨張材を使用した配合で室内試験を行い、低品質再生粗骨材 のプレキャストコンクリート製品への適用性について検討した。その結果、小型のプレキャストコン クリート製品であれば配合等を工夫することにより、低品質再生粗骨材を適用できる可能性が示唆さ れた。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.