シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 凍害・塩害の複合劣化を受けた壁高欄の維持管理方法について

作成年度 2016年度
論文名 凍害・塩害の複合劣化を受けた壁高欄の維持管理方法について
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 寒地土木研究所月報 第757号
発表年月日 2016/06/10
所属研究室/機関名 著者名(英名)
理化学研究所光量子工学研究領域光量子技術基盤開発グループ中性子ビーム技術開発チーム研究員(前 耐寒材料チーム)水田 真紀(MIZUTA Maki)
耐寒材料チーム野々村 佳哲(NONOMURA Yoshinori)
耐寒材料チーム嶋田 久俊(SHIMADA Hisatoshi)
耐寒材料チーム菊田 悦二(KIKUTA Etsuji)
耐寒材料チーム島多 昭典(SHIMATA Akinori)
抄録
本研究では、フォルトツリー分析を適用し、コンクリート構造の性能が低下し、要求性能を満足し なくなるまでの過程を体系化することを試みた。具体には、コンクリート標準示方書を参考とした劣 化に関する現在の認識に基づき、凍害、塩害の各々の劣化進行過程を表すフォルトツリーを作成し、 それらから複合劣化のフォルトツリーを導き出した。さらに、壁高欄の要求性能を考慮して、複合劣 化を受ける壁高欄のフォルトツリーを構築し、実際の壁高欄の調査結果やRC 梁の衝撃実験結果を反 映させた。その結果、壁高欄の維持管理において、補修・補強の必要性を判断するためのいくつかの 条件を示すことができた。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.