シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 時間依存性変状を生じたトンネルの路盤下における弾性波速度と地山の健全性評価の試み

作成年度 2016年度
論文名 時間依存性変状を生じたトンネルの路盤下における弾性波速度と地山の健全性評価の試み
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 寒地土木研究所月報 第757号
発表年月日 2016/06/10
所属研究室/機関名 著者名(英名)
防災地質チーム岡﨑 健治(OKAZAKI Kenji)
防災地質チーム山崎 秀策(YAMAZAKI Shusaku)
地質研究監伊東 佳彦(ITO Yoshihiko)
株式会社フジタ技術センター土木研究部主任研究員丹羽 廣海(NIWA Hiroumi)
株式会社フジタ技術センター土木研究部主席研究員村山 秀幸(MURAYAMA Hideyuki)
株式会社フジタ技術センター副所長笹谷 輝勝(SASAYA Terukatsu)
防災地質チーム倉橋 稔幸(KURAHASHI Toshiyuki)
抄録
筆者らは、供用中に盤ぶくれや側壁の押し出し等の時間依存性変状が生じたトンネルにおいて、舗 装面上での屈折法地震探査、路盤下のボーリング調査およびボーリング孔内での速度検層を実施し、 その弾性波速度(P 波速度)の分布状態から路盤下における地山の健全性を評価した。コア観察と速度 検層の結果、10m 以浅では、岩石の亀裂の増加により弾性波速度が低下していると評価された。また、 屈折法地震探査と速度検層の弾性波速度から、時間依存性変状が生じた区間の浅部では周囲に比べて 弾性波速度が低いことを確認した。これらのことから、屈折法地震探査によりトンネルの路盤下にお ける弾性波速度を計測することで、地質性状の違いやトンネル掘削による地山の長期劣化の程度の評 価が可能であることがわかった。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.