シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 既設橋梁の補修・補強への適用に向けた超高性能繊維補強コンクリートの力学的特性評価

作成年度 2016年度
論文名 既設橋梁の補修・補強への適用に向けた超高性能繊維補強コンクリートの力学的特性評価
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 寒地土木研究所月報 第758号
発表年月日 2016/07/11
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地構造チーム角間 恒(KAKUMA Ko)
寒地構造チーム西 弘明(NISHI Hiroaki)
寒地構造チーム佐藤 孝司(SATO Koji)
抄録
劣化損傷が深刻化している橋梁を始めとするコンクリート構造物の戦略的な維持管理を行うため に、高い耐久性を期待できる新素材・新工法を用いた補修・補強技術の構築が求められている。本研 究では、強度・変形特性に加え、遮水性や遮塩性、流動性に優れる常温硬化型の超高性能繊維補強コ ンクリート(Ultra High Performance Fiber Reinforced Concrete、以下、UHPFRC)に着目し、基礎 的な材料および力学的特性の評価を行い、本材料の既設コンクリート構造物の補修・補強材としての 適用性を検討した。その結果、UHPFRC の特徴として鉄筋との極めて高い付着強度があり、UHPFRC 内に鉄筋を定着する場合には定着長を低減した補修・補強設計が可能になることを示した。また、 UHPFRC を既設コンクリート部材の断面修復に使用した場合、圧縮側および引張側を補修する場合 ともに補修後に曲げ耐力は増加するが、補修深さによっては破壊モードの変化や変形性能の低下が生 じる場合があり留意が必要になることを示した。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.