シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 融雪期において気候変動が積雪寒冷地のダムに与える影響の評価

作成年度 2016年度
論文名 融雪期において気候変動が積雪寒冷地のダムに与える影響の評価
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 寒地土木研究所月報 第759号
発表年月日 2016/08/10
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水環境保全チーム西原 照雅(NISHIHARA Terumasa)
水環境保全チーム谷瀬 敦(TANISE Atsushi)
北海道開発局釧路開発建設部治水課長(前 水環境保全チーム)渡邉 和好(WATANABE Kazuyoshi)
抄録
014年10月にIPCC 第5次評価報告書の統合評価報告書が公表され、気候システムの温暖化には疑 う余地がないことが報告されている。積雪寒冷地では、水資源を積雪に依存していることから、気候 変動により渇水のリスクが増大する可能性がある。本研究では、札幌市近郊に位置する豊平峡ダム及 び定山渓ダムを対象に、気象庁の気候変動モデルデータを用いて、気候変動の影響に関して考察した。 結果、将来気候においては、積雪・融雪量の年々変動幅が大きくなり、十分な貯水を確保できない年 が出現しやすくなる可能性があること、融雪後期における強雨により,大規模な出水が発生する可能 性が高まることが示された。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.