シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 アンカー引抜試験における最大引抜荷重を利用したコンクリート側壁の凍害劣化診断

作成年度 2016年度
論文名 アンカー引抜試験における最大引抜荷重を利用したコンクリート側壁の凍害劣化診断
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第16回コンクリート構造物の補修,補強,アップグレードシンポジウム
誌名(No./号数) コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集
発表年月日 2016/10/13 ~ 2016/10/14
所属研究室/機関名 著者名(英名)
鳥取大学緒方 英彦(OGATA Hidehiko)
サンコーテクノ株式会社清水 邦宏(SHIMIZU Kunihiro)
水利基盤チーム石神 暁郎(ISHIGAMI Akio)
水利基盤チーム田場 一矢(TABA Kazuya)
抄録
芯棒打込み式金属拡張アンカーを用いたアンカー引抜試験では,コンクリート部材の任意の深さにおける最大引抜荷重を得ることができる.本論では,異なる6箇所のRC現場打ち開水路のコンクリート側壁でアンカー引抜試験を実施し,各アンカー埋込位置における最大引抜荷重と超音波伝播速度の関係について考察を加え,最大引抜荷重と積算超音波伝播速度の間に線形関係があること,そしてこの関係を利用して部材内部の凍害劣化診断が可能であることを明らかにした.
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.