シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 建設後74年目における初代十勝大橋コンクリートの物理化学的性状

作成年度 2016年度
論文名 建設後74年目における初代十勝大橋コンクリートの物理化学的性状
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 寒地土木研究所月報 第760号
発表年月日 2016/09/12
所属研究室/機関名 著者名(英名)
耐寒材料チーム吉田 行(YOSHIDA Susumu)
耐寒材料チーム嶋田 久俊(SHIMADA Hisatoshi)
北海道開発局事業振興部技術管理課技術管理企画官(前 耐寒材料チーム)島多 昭典(SHIMATA Akinori)
抄録
実環境下におけるコンクリートの長期的な耐久性を評価するために、初代十勝大橋コンクリートの 建設後200年にわたる長期暴露試験を実施している。本論文では、建設後74年(暴露19年)までに実施 してきたコンクリートの各試験結果から、現時点におけるコンクリートの物理化学的性状を評価した。  その結果、コンクリートの中性化は暴露試験開始以降ほとんど進行していないが、試験体の一部で 圧縮強度や超音波伝播速度の低下がみられ、暴露試験体上部にみられた劣化形態から凍害の可能性が 示唆された。また、分析試験の結果から、暴露箇所により炭酸化が異なり、コンクリートの含水率が 影響している可能性が示唆された。さらに、未水和セメントの存在や、水和反応およびコンクリート の炭酸化によると考えられる細孔構造の変化を確認した。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.