シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 落石防護網に使用するひし形金網の耐衝撃挙動に関する検討

作成年度 2016年度
論文名 落石防護網に使用するひし形金網の耐衝撃挙動に関する検討
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 寒地土木研究所月報 第763号
発表年月日 2016/12/10
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地構造チーム荒木 恒也(ARAKI Nobuya)
寒地構造チーム今野 久志(KONNO Hisashi)
寒地構造チーム山澤 文雄(YAMASAWA Fumio)
寒地構造チーム西 弘明(NISHI Hiroaki)
室蘭工業大学大学院工学研究科くらし環境系領域社会基盤ユニット准教授小室 雅人(KOMURO Masato)
抄録
斜面対策工の一つとして採用事例が増加している高エネルギー吸収型を含む落石防護工の性能評価 には統一的な指標がないことから、それらに求められる機能を明確化するとともに、性能照査技術を 確立することが必要である。本研究では、落石防護工の構成部材の一つであるひし形金網に着目し、 構成部材のエネルギー吸収機構の把握を目的として、重錘落下衝撃実験を実施し耐衝撃挙動および実 験結果と弾塑性衝撃応答解析との比較により解析手法の適用性を検討した。その結果、弾塑性衝撃応 答解析は実験結果をほぼ適切に評価可能であることから、解析手法として適用可能であることが明ら かとなった。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.